医師確定申告代行

多くの勤務医の方は確定申告が必要で給与を複数の病院
からもらっている方は還付を受けられるケースが多いです
確定申告を「2万円(税別)」で税理士が代行します

医師確定申告
はてなブックマーク

勤務医・アルバイト医師の皆様へ

令和元年分の医師確定申告代行を受付中!

全国対応で、必要な書類を税理士事務所に郵送するだけで節税に対応した確定申告書作成から電子申告・納付書の作成までをウェブゼイムがご紹介する税理士が代行します。

多くの勤務医の方は確定申告が必要で、給与を複数の病院からもらっている方は還付金を受けられるケースが多いです。

【医師確定申告代行の対象者】

  • 給与年収が2000万円以上の方
  • 給与を複数の病院からもらっている方
  • 医療費控除・寄付金控除がある方
  • 給与所得以外の雑所得の金額が20万円を超える方
【医師確定申告代行の料金詳細】
給与を複数の病院からもらっている医師の場合
医師の確定申告代行=20,000円(税別)

※その他の追加料金は一切必要ありません。

【医師確定申告代行のサービス内容】

次の3つの所得に対応しています。

  • 給与所得(病院先・アルバイト先毎に源泉徴収が発行されている場合でも無制限に受け付けます)
  • 支払調書の発行されている雑所得(講演収入・原稿作成収入等の報酬)
  • 源泉徴収有りの特定口座内で行っている株式の譲渡所得
【医師確定申告代行のサービスメリット】
  • 税理士無料相談付き

医師確定申告のよくあるご質問

Q.雑所得がある場合、どのような経費が必要経費となりますか?
交通費や書籍の購入代等、雑所得を得るために直接要した費用が必要経費として認められます。
Q.確定申告の必要書類とは?
準備する書類は次の通りです。

給与所得の源泉徴収票、報酬等の支払調書
必要経費の領収書等
健康保険や年金の支払金額の証明書類
生命保険、損害保険の控除証明書
医療費の領収書
扶養家族の情報
税金を還付する場合の口座の情報

Q.昨年分の確定申告をしていなかった場合、さかのぼって還付申告をすることができますか?
さかのぼることができます。
平成23年分以後の各年分は、法定申告期限から5年間さかのぼる事ができます。
平成22年分以前の場合は、法定申告期限から1年間しかさかのぼる事ができません。

なお、確定申告書を提出する義務のない人でも、給与等から源泉徴収された所得税額や予定納税をした所得税額が年間の所得金額について計算した所得税額よりも多いときは、確定申告をすることによって、納め過ぎの所得税の還付を受けることができます。この申告を還付申告といいます。還付申告ができる期間は、その年の翌年の1月1日から5年間です。
Q.医師賠償責任保険に個人で加入している場合は必要経費になりますか?
給与所得者の場合、必要経費にする事はできません。

ウェブゼイムのお問合せはこちら

メールフォームでのお問合せは、通常2営業日以内にメール返信または、担当よりご連絡します。2営業日以内にご連絡が無い場合は再送して頂くか、お客様のメールボックスの迷惑メールフォルダーに振り分けられている場合もありますのでご確認ください。

ウェブゼイム問合せ

ウェブゼイムのお問合せはこちら

メールフォームでのお問合せは、通常2営業日以内にメール返信または、担当よりご連絡します。2営業日以内にご連絡が無い場合は再送して頂くか、お客様のメールボックスの迷惑メールフォルダーに振り分けられている場合もありますのでご確認ください。

株式会社ウェブゼイムジャパン
[東京本社]
〒150-6018
東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー18F
総合案内窓口 03-5953-1953
営業時間 月曜日~金曜日10:00~18:00(土日祝日除く)
下記メールフォームからのお問合せ・お申込みは24時間365日受付しています

ウェブゼイム問合せ