ホステス確定申告格安代行

多くの接客業の方は確定申告が必要で還付を受ける
ことができ納めすぎた税金が戻るケースが多いです
確定申告を「2万円(税別)」から税理士が代行します

ホステス確定申告
はてなブックマーク

接客業(ホステス)の皆様へ

平成31年分のホステス確定申告代行受付中!

全国対応で、必要な資料を税理士事務所に郵送するだけで節税に対応した確定申告書作成から電子申告までをウェブゼイムがご紹介する税理士が代行します。

多くの接客業(ホステス・ホスト)の方は確定申告が必要で還付金(納めすぎた税金の返金)を受けられる方が多いです。昨年分の確定申をしていない方のご相談も無料ですのでお気軽にお問合せください。

【ホステス確定申告格安代行・料金詳細】

  • OLさん・サラリーマンの副業・アルバイトのホステス確定申告の場合
    ホステス確定申告副業の代行料金=20,000円(税別)
    *その他の追加料金は一切必要ありません
  • 個人事業者の事業所得(報酬)の場合は下記料金表をご確認ください。

【個人事業主・料金詳細】
■サービス料金は年商区分によるワンプライスで、今期年商(税込の売上高)で決まります。

今期年商(税込) 記帳代行 個人事業主料金(税別)
       0円 ~   500万円 0円 60,000円→50,000円
  500万1円 ~ 1,000万円 0円 80,000円→60,000円
1,000万1円 ~ 2,000万円 0円 100,000円→80,000円

【ホステス確定申告格安代行・サービス内容】

ホステスの確定申告格安代行は、年1回まとめて記帳入力を行い決算書の作成、法人税申告書・所得税申告書・都道府県民税申告書の作成、提出(e-Taxイータックス・国税電子申告)まで決算・確定申告に必要な全てを代行する日本一安い料金プランです。

ホステスの確定申告格安は、税理士業界初の「最低料金保証付き」の為、事実上の業界最安値を実現しています。

【ホステス確定申告格安代行・サービスメリット】

  • 個人事業者(ホステス)の事業所得で初めてのお申込みの場合に限り上記料金表の赤字の料金で代行します
  • お申込み後は何度でも税理士と無料で相談できます
  • 青色申告申請手続きを10,000円(税別)で代行します
  • 白色申告から青色申告の切替え申請を10,000円(税別)で代行します
  • 過去の無申告手続きをまとめて格安代行します(別途見積り)
  • OLさん・サラリーマン給与所得者のホステスの副業・アルバイトのホステス確定申告代行は20,000円(税別)で代行

【ホステス確定申告格安代行・対象者】

接客業(ホステス・ホスト)に勤める方・アルバイト方・キャバクラ・パブ・クラブ・ガールズバー・スナック・コンパンオン・中国人・韓国人・外国人の方OL・サラリーマン副業・ホストクラブ・その他の水商売の方

ホステス確定申告格安代行のよくあるご質問

Q.ホステス確定申告をすると必ず税金が還付されるのでしょうか
報酬の支払いを受ける際に所得税を徴収されていて、必要経費がある場合は必ず税金は還付されます。

所得税が徴収されているかどうかは、お店から毎月発行される「報酬の支払通知書」や、年に一度発行される「支払調書」を見てご確認ください。

なお、ホステス報酬ではなく給与所得として収入所得として収入を得ている場合は、必要経費の計上が一切認められませんので、税金が還付されるかどうかは収入金額によります。税理士にご相談ください。
Q.ホステス確定申告ではどういったものが必要経費となりますか
ケースバイケースですから全てを列挙する事はできませんが、一般的には次のようなものが必要経費として認められます。
  • 仕事で使用している携帯電話の使用料
  • お客様(又はお客様になり得る方)へのプレゼント代
  • お客様(又はお客様になり得る方)との飲食代
  • 移動交通費
  • 自宅が賃貸マンションで、かつ自宅で領収書の整理保存をしている場合は自宅家賃の一部
  • 仕事で自動車を利用する場合、自動車の購入代金の一部及び維持費用の一部
  • 仕事で利用する洋服代
  • 仕事用に髪の毛をセットした場合等の理美容代
Q.昼間は普通のOLをしながら夜のアルバイトをしています。
   ホステス確定申告をしたら昼間の勤め先に夜のアルバイトの事がばれませんか
ホステス確定申告書の中に、「給与以外の所得にかかわる住民税の徴収方法の選択」をする欄があります。
その選択肢の中の、 「自分で納付」を選択すると昼間のお勤め先にアルバイトの事がばれる事はありません。
Q.常連のお客様が掛代金(30万円)を支払ってくれません。
   この場合、未収の掛代金は必要経費になりますか。
そのお客様が1年以上来店されない場合や、お客様の債務超過の状態が相当期間継続し、掛代金の回収ができないと認められる場合で、お客様に対し債務免除額を書面により通知した場合には必要経費とする事ができます。この必要経費を計上する場合は、税理士と十分にご相談ください。
Q.領収書の整理・保管方法を教えてください
ホステス確定申告をして税金を還付してもらうためには、必要経費となる領収書をきちんと保管しておかなければなりません。

理想的な整理の方法は、経費の種類毎に区分して更に日付順に保管するという方法です。
必ずこのようにしなくてはいけないという事ではありませんが、このように整理・保管しておけば、正しく間違いのない還付金額を計算する事ができます。
なお、領収書は7年間保存しておかなければなりません。

ウェブゼイムのお問合せはこちら

ホステス確定申告についてはメールフォームからお問合せください。通常2営業日以内にメール返信または、担当よりご連絡します。2営業日以内にご連絡が無い場合は再送して頂くか、お客様のメールボックスの迷惑メールフォルダーに振り分けられている場合もありますのでご確認ください。

ウェブゼイム問合せ

ウェブゼイムのお問合せはこちら

メールフォームでのお問合せは、通常2営業日以内にメール返信または、担当よりご連絡します。2営業日以内にご連絡が無い場合は再送して頂くか、お客様のメールボックスの迷惑メールフォルダーに振り分けられている場合もありますのでご確認ください。

株式会社ウェブゼイムジャパン
[東京本社]
〒150-6018
東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー18F
総合案内窓口 03-5953-1953
営業時間 月曜日~金曜日10:00~18:00(土日祝日除く)
下記メールフォームからのお問合せ・お申込みは24時間365日受付しています

ウェブゼイム問合せ